ウルトラマンジード第一話感想


ウルトラマンオーブの中途半端間溢れる終わり方から数週間。憎まれっ子ウルトラマンベリアルの息子という衝撃的な設定をかっ下げて僕らの前に姿を現したウルトラマンジードの放送がついに始まりました。

その概要とビジュアルから、放送前からすでに賛否両論を巻き起こしていたこの作品。で、その第一話が先日放送されたわけですが(ウルトラマンゼロ嫌いが祟って)期待してなかった分、予想以上の完成度に驚かされました。しかし一方で深めすぎた主人公の謎や又も介入してくるゼロの存在、そしてもはやマンネリ化を迎えた異世界ウルトラマンの参戦と、決してすべてが評価できるものではありませんでした。特に、中途半端な謎の追求はフランチャイズ化を目論んだオーブで失敗した要素であり、ゼロは毛嫌いされるレベルの持ち上げとなっています。ここら辺をどう解決していくかが今後の課題となりそうですね。まあ、作品というのは前作の反省ありきで製作されるものなので、期待はしていきたいですね。だがウルトラマンヒカリ、てめぇはダメだ。ちょっと彼の持ち上げは異常に思えます。ただでさえ大戦犯ウルトラマンメビウスにて製作の玩具として散々持ち上げられた彼でありますが、今回又もその設定に磨きがかかるというのは流石にオーバーに感じられますね(こんなこといったら信者にたたかれるんだけどね)。あと、人によっては今回久しぶりに介入してきたウルトラマンキングの行動に不快感を覚えたと聞きますが、正直その扱いを持て余しまくったキングが今更何しようが気になりませんでしたね。それ以上に、他のキャラクターを平然とsageる輩の方が僕としては気になりました。ここは大きな改善点として捉えてほしいですね。

さて、特撮の語酸味といえばやはりアクションシーンや破壊描写があげられますね。こちらはおおむね良かったといえます。監督がライダーや戦隊等を長年担当してきた坂本監督なだけに、スケールに見合わない画を撮るのではないかと、一部では不安視されていましたがそんな事もありませんでした。むしろ、「本当にこれは坂本氏が撮ったのか?」と驚かされるような場面が満載でしたね。光線技発射等一部のシーンは監督らしさが出ていましたが、それ以外はまさにウルトラマンの特撮であり、満足のいく画が見れると思います。

この工夫最大の恩恵を受けているのはドラマパートです。この監督は場面のためならドラマを多少犠牲にすることも厭わない癖があり、今回懸念されていた理由のひとつはこれだったりもします。しかし驚くべきことに、ドラマパートでの暴走もなし。きわめて良質な導入から開始され、主人公や周りの人間を囲む心情の変化や丁寧な進行など非常に見やすい内容となっていました。まあ、これは物語り全体の導入でもあるので、まずは丁寧にという考えの下作られているのでしょう。出来ることならこのペースを維持してほしいです。

このように、特撮とその展開に関しては正反対の意見が出てしまう作品でありました。まだ第一話が終わったに過ぎないので、今後の飛躍はかなり期待できる物といえますが、伏線の回収とウルトラマンゼロの扱いがその鍵を握ってるといえますね。既にバレ情報でゼロがまたもパワーアップを遂げることが確定しています。果たしてこれに納得できるだけの材料を劇中でそろえることが出来るのか?そこに着目していきたいですね。