エグゼイドの視聴、切ります

2016年10月23日

仮面ライダーも限界を知る時が来た

今作を観るにあたり、当初からあることを決めていました。それは、「四話まで見て面白くない、観る価値の無いものと判断したら、視聴を切る」と言うもの。で、今回はその四話目を迎えたわけですが、見事にその通りになりました。いやはや…ここまで酷いデキとは、擁護は不可能ですね。最初こそ、史上最低欠作の烙印を押された「ゴースト」よりはマシと思われるものになると言われたが、初期の時点でそれを上回るとは流石に予想できませんでした。では、具体的に何が汚点だったかを、順を追って説明していきましょう。

・デザイン
コレは説明不要ですね。誰もが(ってわけではないんですがね)認める事実です。よく擁護意見の中に、「過去の石ノ森先生が遺したラフスケッチの中に似たようなものがあるから、全然仮面ライダーだ!」というメチャクチャな物が見られますが、「では何故石ノ森先生はそれを使わなかったのですか?」と聞き返したいですね。そう、人が「斬新!凄い!革新的!」と思うものは、よほどのものでない限り先人が存在し、何らかの理由でやらなかったか発表したものなんです。それに、なぜこう言った意見が飛び交うようになったというと、公式が石ノ森先生のスケッチを使って、「昔こんなの描いてたんです」と宣伝することが以前あったため。自分たちの意見を正当化させるために、勝手にそんな宣伝をするとは…許せませんね。

・キャラ
コレも説明不要に近いでしょう。「第一話、二話感想」にも書きましたが、キャラの設定がブレブレかつ、医者やゲーマーという者をイメージでしか描いてないのがまるわかりで、唯でさえモチーフ的にミスマッチなのに、脚本の迷走が相まってますますずれてる印象を受けます。今週の回でもそれが爆発し、唯一マトモと思われたブレイブ=緋彩(ヒイロ)←読めるかこんな名前!子供向けと謳っているならもっと読みやすくしろ!も、結局は患者ではなく戦闘をライダーとの戦闘を優先させるように描かれていたので、印象が最悪となりました。もっともコレは、製作である東映が今作にあろうことかライダーバトル要素の一つとして取り入れてるための弊害であり、ここに僕はいかに製作がいきあたりばったりにかつ目先の話題性「だけ」を見てないかを知るのである。まあ周りをおかしく描く事で、相対的に主人公のM(名前読めないし印象薄いから以後Mで固定)をまっとうな人物として描こうとして脚本家の責任も大きいんですけどね。

・まとめ、その他
こう言った種の批判をすると決まって、「そう思うのあなたが対象となる年齢を超えたからで?」とか「子供向けの作品にここまでいちゃもんつけてどうするんですか?」と言った反対意見が帰ってきます。では、そんな人達にブーメラン。「同じく、あなた方の言うところの子供向けであるウルトラマンやスーパー戦隊はなぜ違和感なく面白く感じられるんですか?そもそも子供向けだからと言って手を抜いても良いんですか?」と僕は返します。辿ってきた道のりや、テーマが自体が大きく違うんので、比べること自体本来は間違っているのですが、子供向けの作品である上記二作は普通に楽しめます。なのにここまで差が生まれたわけです。これはなぜ生じるかと申しますと、一回一回の話を真摯に作り上げてるかの違いだと思います。とくにウルトラは、低予算で実績を出さなければならないので、毎回が大勝負です。に対して、ライダーは適当仕事していても、ブランド力で幾らか稼げます。コレが結果的に番組の質の低下を招き、子供を完全に舐めた「子供騙し」のレベルまで堕ちていった要因と思われます。
本来、多感で好奇心旺盛な子どもたちのために、なるべく本物の魅力と単純でありながらも大切な「勧善懲悪」の公式を、様々なテーマと複合させて伝えていくのが、ヒーロー番組、仮面ライダーの使命だと思うのです。それが、仮面ライダーV3風見志郎こと、宮内洋氏が「ヒーロー番組は教育番組だ」と言った所以であると思います。お金は必要とは言え、今や完全にスポンサーの犬に成り下がったライダー、そんな彼らに回帰の機会はあるのでしょうか?僕はその機会が来るまで、観るのをやめようと思います。