ゲームプレイヤー日誌 ビューティフルジョーを練習して…


ゲームの練習も日々の生活に合わせると中々に重労働であると自覚した今日この頃。ツイッター上で一つの呟きを発見しました。

「ビューティフルジョーは難しすぎて途中で止めてしまった…。」

おおぉ、懐かしいぞ、この名前は。思わず僕の心は躍ってしまいましたね。

「ビューティフルジョー」とはカプコンから発売された横スクロール型アクションゲームで、 確かな実力と経験が必要な難易度を誇るゲームであります。それだけに途中での挫折者は多く、僕自身も終盤のとあるステージで何十回というコンテニューを繰り返したことがあります。あれはほんとにつらかった…。まあなんですかね、ここでの苦労があってこそ、今のゲーム好きな自分があるとも言えますし、人生で一番やりこんだであろうゲームになったのも事実です。自分は普段、通常難易度でゲームの進行をやめてしまうのですが、今作に限っては(隠し要素解放があったとはいえ)全難易度をクリアしたという思い出があります。それに、今の映画やアメコミにはまるきっかけを作る要因になったのも本作が占める割合が大きいでしょう…。それだけ思い入れのある作品なんですよね。

さて、そんな懐かしい懐かしい(大事なことなので二度言いました)本作の実況を決定した僕は早速練習に取り掛かりました。最初はね、若干のおごりからくる自身でちょちょいのちょいとクリアできると思っていました(過去形)。……ええそうですよ、惨敗しましたよ。いや、惨敗ってのは言い過ぎかもしれませんが、少なくともやりまくってた当時に比べるとだいぶ腕が鈍ったなという印象を受けました。しょっぱなから調子こいてハードモードに挑んだ僕も悪いのですが、さすがにショックを受けましたね。あんなにやりこんだのに…。まさに時間の残酷さを痛感するエピソードでありました(遠い目)。

しかしそこは(自称にして)一応の熟練者、ある程度のプレイを経た僕は、通常モードならばいつも通りの感覚で遊べるほどの能力を取り戻しました。それだけでなく、ラスボス戦における新たな攻略法を見つけることにも成功しましたね。また、一部のボスに関しては、かなり有効なハメ技の存在も発見し、進行をさらにスムーズにすることを達成することもできました。いや~、これは実況が楽しみですね(笑)。現在取り組んでいるアサシンクリードシリーズもいよいよ終盤なので、おそらくはそう遠くない時期の投稿が可能になると思います。ぜひご期待を!

ではみなさん、さよなら、さよなら、さよなら。