ゲームプレイヤー日誌:VANQUISH(ヴァンキッシュ) ~コアすぎたFPS~

2017年03月12日

先日、「VANQUISH」というゲームをクリアしました。SEGAから発売されたゲームで、ジャンルで言えばいわゆるFPSに当たります。非常にハイクオリティなグラフィックと、射撃中に時間を遅くするアクションをウリにした作品であり、近年では珍しい完全一人プレイ専用のゲームです。評価としてはなが~く、そして限界レベルにまでやり込めることを考慮すると五点中四点といった感じですね。

 

さて、このゲームですが、ある問題があります。それは…  「難易度」
その話の前に、一つ暴露しておかなければならないことがあります。実は僕、FPSがめちゃくちゃ苦手です。ゆえに、この難易度も自身の腕の無さが少なからず関係しているのではないかと思います。しかしそれでも、ある程度進めていくうちにコツを掴んで慣れていくのがゲームというもの。でもこれはそう簡単に行かないんですよ…。主人公はパワードスーツを装着したテスト・パイロット、という設定で一定時間体感速度を遅くするという能力をスーツによって使用すことができるのですが、これが意外と短い。ゆえに、攻撃が激化する後半戦などでは考えて使わないと集中砲火などに対処できずすぐ死んでしまいます。ある意味覚えゲーの域にまで達してるといえるでしょう。更に、敵もなかなか硬く、チョコチョコと動き回るため、使いたくなくても結局は能力に頼らざるをえない状況によくなります。しかも攻撃一つ一つが重いのだからたまったものじゃない…(-_-;)。また、武器の選択にも工夫が必要で、単に弾数が少ない、手に入りにくいから強力というわけでなく、どんな状況下でも素早く対応できるマルチな機能を最終的には求められます。僕の場合は初期装備のマシンガンを最後まで持っていました。この武器選択は、「どう攻略していこうか?」と頭を捻らせる作業だったので、とてもやり応えを感じましたね。

 

で、このゲームもう一つの問題点は「シナリオ」です。
「テロ組織によって占拠されたは米国のコロニーを奪還する」という、ある種近未来SFの王道的な物となっていますが、最初からある程度完成しきった世界観を舞台してる為か、序盤はけっこうプレイヤーを置いてけぼりの会話劇が繰り広げられます。これは、創作作品の主人公がすでに知ってる物事に対して、いちいち説明的な会話をしては不自然さが発生するための考慮…とも受け取ることができますが、正直ちょっとキツかった…。まあ、元々は売れ行き次第で続編を出す予定だったらしいので、この会話のテンポというのも続編を見越しての物だと考えられるでしょう。しかし、世界観やその情勢事情が見えてくる終盤の展開は普通に燃えますし、やる気を与えてくれたり、時には考えさせられるものであったりしました。結局は、日本での売上はまあまあ、見越していたであろう海外での売上も微妙ということで、続編はオジャンとなったそうです。…う~んウケそうな作品だったんですけどね。

 

【まとめ】
最初の評価に付け加えるとしたら、「再評価が待たれる作品」ですね。内容の質やクオリティも然ることながら、やりこみ要素のヤリガイもなかなかの物なので、長期間楽しめる作品であることは間違いありません。腕に自身のある方にはぜひ試してもらいたいゲームですね。