ゲームプレイヤー日誌~ロックマンx編~


THE・死に覚えゲー

先日、友人のからのリクエストで実況予定の中に入れていたゲーム、「ロックマンX イレギュラーハンター」を購入しました。数あるロックマンシリーズでも名作と名高いロックマンxのリメイク作品で、当時の難易度やステージ、そしてシナリオに一部新規のものを加えた内容となっております。

んで帰宅後、さっそく実況に向けた練習を開始し、アニメーションが挿入されフルボイスという豪華な内容に感動した僕でありまたが、ここで一気に絶望の淵へと落ちていきました‥!このゲーム‥とにかく死にまくる!所謂即死トラップの山々山!そりゃあね、初めてやったゲームはどんな名人であれコツを掴むまでは苦戦するもんですよ。事実、これもそう言った要素が強いです。‥それにしても、ゲーム的に常連であるダメージトラップが即死ポイントだったり、一回死なないと仕様がわからない仕掛けがあったりと、その要素はまさしく「鬼畜」に特化してると言えます。恐ろしきマゾなカプコン‥(まあこんなんでも、アニメ放送当時に発売された「ロックマンエグゼ トランスミッション」に比べれば何倍もましです)。

さて、そんな鬼畜マゾゲーX(こう書くと安っぽいAVみたいだ‥)ですが、この記事を書いてる段階で、まだ序盤のボス数体を倒せていません‥。泣ける。同じカプコンのゲームであるモンスターハンター同様に、敵の攻撃などを見極めると言った観察眼が大切になってくるボス戦でありますが、それにしても辿り着くまでの道のりが厳しいのです。簡単に言うと雑魚が強い‥。もうね、いろんなゲームで散々雑魚を馬鹿にしてきた呪いではないかとまじめに考えちゃったね。また、自分がエグゼや流星と言ったそれまでのロックマンとは異なる形式の作品になれてる、と言うのも大きく影響されてるんでしょうね‥。

そんな死に覚えゲーのロックマンxですが、現在シリーズものと平行している準シリーズもの実況の方で動画を挙げていこうと思います。そのときは、プレイヤースキルの有無に関わらず、生温かな目で見て頂けると幸いです。長ったるい駄文失礼しました。また次回の記事でお会いしましょう!