ジャスティスリーグの新たなPVが公開されました!!


バットマン、ワンダーウーマン、そしてフラッシュなどのDCコミックヒーローが集結する作品、「ジャスティスリーグ」の新たなPVが公開されました。前回のPVでは断片的にしか語られてなかったヒーローの存在や活躍が、この最新版ではかなり明確に描かれており、敵の正体に関してもはっきりと描写されていました。今回はその細かな点について解説していきます。

まず冒頭。いきなり物々しい雰囲気から敵の襲撃がもう目の前まで来てるという絶望的な報告から映像が始まります。その直後に謎のキューブから出現する敵の映像が…。コレは完全に「ジャスティスリーグ 誕生」に登場したダークサイドの部下ですね。この敵は、PVを通して登場しているため、今作のメインヴィランとなるでしょう。

そういった絶望的な雰囲気から一変して今度はアクアマン、サイボーグ、そしてフラッシュといった新参戦のヒーローの紹介が始まります。このシーン、各ヒーローの魅力が凝縮されていてとにかくカッコいい!!個人的に一番興奮したのはサイボーグの登場ですね。機械の体を持つという、仮面ライダーのような設定を持つ彼は、現在の段階で唯一翻訳版の個別タイトルが出版されていません。そんな不遇な彼が、今回の動画では一瞬でしたが過去(ラグビー選手の時代)が描かれていたことに好感が持てました。

そして新たなバットマンスーツの活躍が写り、ついにヒーローが集結する…!!おおっ…なんて感動的な場面だ…。ソコから互いに軽口を言い合うヒーロー。ここからは、前回も雰囲気とは違ったヒーローたちの連帯感を強く感じましたね。特に気に入ってるのがバットマンとフラッシュの会話。

フラッシュ「バットマン、あなたの特殊能力は?」

バットマン「…金持ち」

こんなん笑うわwww ダークサイドの侵攻を取り扱った原作の一つでもある「ジャスティスリーグ 誕生」内でも能力がないことをここにいない緑色の個性的なやつにさんざんdisられていただけに、このやり取りには吹き出しました。また、こういったコミカルな描写を加えることで、暗さに全フリしすぎた前作「バットマンVSスーパーマン」からの脱却を図ってるようにも思えました。

更に場面は激しく移り変わり、海底人のメラやフラッシュことバリー・アレンの父の登場(そして先程書いたサイボーグの過去)など各ヒーローの掘り下げに必要なキャラが次々と登場します。ココらへんは後々の単独作品へに重要な伏線として機能してくるのでしょう。そして場面は再び戦闘に変わり、サイボーグ、フラッシュ、ワンダーウーマンのトリオ、バットマンとアクアマンという変わったコンビの活躍が描かれて終了しています。

こりゃ期待値マックスですね!いったいどんな展開を見せるのか?今から楽しみで妄想が止まりません。また、バットマンには欠かせない存在であるジャームズ・ゴードンが登場したのも嬉しいです。今回、彼を演じるのはサム・ライミ版スパイダーマンでもおなじみのJ・K・シモンズ。この役を演じるにあたり、かなりの筋トレを積んだと聞きます。そんな彼がどんな活躍を見せるのか?それも今作の気になる点ですね。

いずれにしても、一時期は人気復権は絶望的と言われたDCEUでしたがこのPVを観る限り、しっかりと前作の反省が生きてるように思えます。MARVELに遅れを取ってしまった分、ここからの大復活劇を観てみたいですね!さあ公開は11月、みんなでヒーローたちの活躍を見に行きましょう!