スパイダーマンホームカミング字幕版鑑賞決定


「スパイダーマン!タイアップ曲が吹き替え版エンディングに流れることが決定!」

いや~やらかしましたね。昨今の日本映画界の現状を見る限りある程度予想は出来ていたことだったので、そこまで驚きはしませんでした。実際、数回前の記事でもこれを危惧する内容のものを書きましたしね。

しかし、このスパイダーマンにしろ公開の近いパワーレンジャーやトランスフォーマーにしろ、日本のスタッフは海外映画になんか恨みでもあるんですかね?直近のニュースでは原題とテーマに全く合ってない、ともすれば人を馬鹿にしてるかの様な邦題をとある作品に付けた、なんてこともありましたね。こう言った事を書くと、必ず「言い過ぎだ」の「過敏に反応しすぎ」なのといった意見が飛び交いますが、それに対して一言言わせてもらいます。完成された作品に汚物を投げ込まれてうれしいか?僕は嫌ですね。大体、完成されたものに余計な手を加えるなんてそもそも失礼極まりないことです(それを平気でやる国、日本!!)。

タイアップのようなゴリ押しがなければ、別にアイドルがなんかコメントするくらいいいんですよ。問題はあたかも映画最大の魅力がそこであるかのように宣伝することにあるんですね。日本人は残念なことに自発的に作品の概要等について調べるという感覚が鈍いです。ゆえに、こんな宣伝でコロッと騙されてしまうんですね。本来、宣伝会社がやらなくてはいけないこととはタイアップで人を釣ることではなく、作品の中身で人を魅了させることにあるはずです。こんな当たり前の回答にたどり着けないとはもはや末期ですね…。

まあ今作に限って言えば、ご丁寧に「吹き替え版にしか日本版主題歌はつきません」というアナウンスが入っているので、喜んで字幕版を観に行かせてもらいます(ないかもしれませが、以前ワーナーが地方では字幕版を公開しないという究極の愚行を働いたのでそこが唯一心配です)。しかし、会社が違えど、これでマーベルヒーローの吹き替え版にも失望した方が多いと思います。実際僕もその一人です。今後は下手すると全部字幕で見る羽目になるかも知れません。