スーパーミニプラ 伝説巨神イデオン レビュー

2016年11月3日

大地割り、そそり立つ姿 正義の証か?

「ザブングル」に続き、ミニプラシリーズでまさかの登場を果たした「イデオン」。通常版とイデオンガンなどが付属する「発動セット」の2つが告知され、そのあまりの人気から「発動セット」が販売前から高騰するという事態が発生しました。その状況から、当社は購入を諦めかけていたのですが、運良く通常版ゲットに成功。無事、レビューに至ったというわけです。

・合体前
本商品は付替えパーツがあるものの、ほぼ完全変形となっているので各合体メカも細かく再現されています。
1773
まずは「ソル・アンバー」。イデの腕を構成するパーツですね。アンバー専用の接続パーツやシールなどを用いることで、独特な腕を曲げている構造と、ディティールを再現。単体でも楽しく遊べますね。
1770
次に「ソル・バニアー」。イデの上半身を構成する部分です。ダクトパーツやモニター部はシールで再現。…なのですが、申し訳ありません、シールを貼り忘れました!発光体パーツは最初から塗装されているので、不格好な見た目にはなりません。
1772
最後に「ソル・コンバー」。イデの下半身を構成するパーツです。合体メカの中では最も大きいものです。

…ということなので合体!
1768
♪闇の中~心揺さぶる~目覚め始まる~♪
1776
♪大地割り、そそり立つ姿 正義の証か~♪
1767
♪伝説の巨神の力~銀河切り裂く~♪

「合体シーンあるのになんで大地割ってるんだよ!!」というツッコミは無しにして、イデオンです。自分は基本素組派なので、バリ等が目立ってしまいますが、この角度に明度ならば、バレません(笑)

・全身
1710
1711
まずは一言。デカイ!コレにつきます。ぶっちゃけ「どこがミニプラだよ!」と言った感じです。友人曰く、「イデオンにしては小さいからミニプラなんだよ」らしいです…。納得(笑)。また、その大きさもあり、非常にディティールも細かく、スミ入れなどによって見栄えが更に良くなる部分が多いです。イデオンらしい脚長のプロポーションも見事。

1717
「HGUCガンダム」と比較。流石にリアルなサイズ差とはなりませんが、十分すぎるほどの大きさですね。

・可動
1763
恐ろしいほどよく動きます!このイデには驚かされてばかりですね。変形機構のギミックやミニプラに使用されている素材の関係もあり、HGや既存のガンプラのようにグリグリ動かすことはできませんが、それを考慮してもものすごく動きます。これには、考え抜かれ、工夫された関節機構が関係してます。
1761
腕の関節構造。肘部分の関節については通常のプラモデルとそんなに変わらない印象ですが、胴との付け根部分、肩パーツはかなり変わった機構です。付け根と腕の接合部分が別パーツとなることで、広い可動域の確保に成功しています。
1762
続いて、足の関節構造。赤いパーツで構成されているのでちょっと確認し辛いですが、こちらも腕の関節同様、独特な構造となっています。ミニプラというジャンルゆえに最小限のギミックで原作の動きや変形を再現しようというこだわりと工夫が見受けられますね。

・その他アクション
以下恒例の写真でアクションコーナー。その驚くべき可動範囲に刮目せよ!
1713
1714
1720
1765
1828

今回ちょっとアクションさせる相手がいなかったので、写真は少なめですが、こんな感じでした。感想としては驚きの連続、ですね。ミニプラという商品はよくできているという噂は聞いていたのですが、まさかここまでとは思ってませんでした。この感動は実際に手にとって組み上げてみないとわかりません。すでに、「戦闘メカザブングル」からウォーカー・ギャリア、「勇者王ガオガイガー」からガオガイガーの商品化が決まっています。版権の都合か、やはりサンライズの商品がメインとなっていますね(というかサンライズのものしかないけど…。)個人的はその技術力で可動に特化したダイターン3ザンボット3などを商品化してほしいです。さらに、今までは現行の戦隊のみロボットを出していたこのシリーズでもついに過去の戦隊ロボの商品化も決まりました。もうこれは買わないと損、バチが当たるレベルでね!(誰があてるんだよ!!)本商品の高いレベルに感激したわたくしは、改めてそう誓うのでありました…。