ツイキャスの会話術

2017年07月15日

          会話術

 

ここ数ヶ月、ツイキャスを用いた会話の機会が増え、個人的にもその会話に慣れてきたので、今回はそこで必要とされる会話術について自分なりにまとめていこうと思います。さて、当たり前でありますがツイキャスとは個人で配信する簡単なラジオ番組のことであり、遊びの延長線に位置する物とは言えそこには配信者としての責任が存在します。そこで特に重要とされるのは、集まってくれた方々を楽しませることにあるでしょう。では、どのようにして来てくださった方々を楽しませて行くのか?ソコに焦点を当てていきましょう。

 

・まずは自分から話題を振ります

とくにテーマがきまってない場合は自分から積極的に話題を振ってきましょう。その際、今自分がハマっているもの、来てくださった方が常連さんだったらその方が常々好きと言ってる物に関して、あるいはどんな客層の方にも質問可能な物を幾つか用意していきましょう。そういった話題を次から次へと降ってくことで、自分の会話に空いてを引き込みましょう。複数訪れている場合は、なるべく全員に反応できるようにしたいですね

因みに、決まってる場合は告知にもちゃんと記載し、なるべくそこからブレないように会話を繋げていきたいですね。これがはじめの一歩です。

 

・閲覧者様のコメントには反応し、常に話しかけるようにします

一つ目の話題提供も重要ですが、これも同じくらい大切です。人間、どんなにお遊びの場であっても、自分を気にかけてくれる人には自然を心を開くものです。ので、コメント引き出せるようになったあなたが次にすべきことはなるべく閲覧者様のコメントに反応し、話題に沿った、あるいは質問者様個人に対する会話を途切れないにようにすることです。こうすることで、質問者様と配信主の関係をより良い方向に向け、楽しい会話に発展しやすくなります。またこの際、飽きが来ないよう多少オーバーなアクションを入れたり、モノマネを入れるなどの工夫が必要です。どんなに円滑に進んだ会話であっても、唐突に途切れてしまうことはあります。その時、あなたの真の会話術が試されます。この状況に陥っても、楽しく言葉を交わし続けることができるか?気軽な配信であっても、常に楽しみを提供するエンターテイナーとしての自覚を忘れないようにしましょう。

 

・新鮮なcasが継続できるよう、自分自身のレベルアップも怠らないようにしましょう

話題の提供も順調となり、会話を引き出すことも比較的簡単になってきました。しかし、それだけを続けていてはマンネリ化の恐れがあります。ここで重要となってくるのが、自分自身のレベルアップです。おそらくあなたは伝えたい事が多くあるのでしょう。それに共通する話題だけを扱っているときはまだ良いです。ですが、ツイキャスとは出会いの場。いつ新たなる客層に巡り合うかわかりません。そんなときのために、常に自分の好きなジャンルの拡張を行いましょう。これをなすことによって、キャスの需要は飛躍的にアップするでしょう。慣れたと感じてきたら、コレに挑戦してみてほしいですね。

 

・時には厳しい判断も必要

ネットは様々な考えを持った方々が混在する場です。中には誰かを攻撃する人、或いはその意志がなくとも迷惑をかけてくる人も存在するでしょう。時にそういった問題がツイキャスでも発生します。もしそんなことが起きたらどうするか?簡単です。必殺のNGブロです。…え?酷い。そんなことはありません。楽しい会話の場を乱すほうが問題なのです。そういった場で、まさに場違いなことを言う方はおそらく構ってちゃん何でしょうね…。そんな方は放置するに限ります。こちとらフォロワー様や閲覧者様との交流で、構ってられる時間なんてありませんからね(笑)。このように、時に厳しい判断が必要になってくる場もあるでしょう

 

【まとめ 結局は個人の語彙力】

さて、ここまで自分なりの考えをサクッとまとめてみましたが、最も重要となってくるのは結局のところ自分の語彙力です。喋ることを中心とした作業では、やはり個人の語彙の豊富さが効いてきます。これが豊かであればあるほど、語る内容についても饒舌となるでしょう。また、構成力や発声力も大切です。前者は三十分という枠の中で、どういったことを話していくかをまとめる為に。後者は如何に聞き取りやすい会話が出来るか?という点で重要となってきます。この2つは、回を重ねれば自然と培うことのできる技術と言えますが、やはり普段から意識することが大切です。もし、本気で配信者になりたいのならば、この点は抑えておきたいですね。

最後は多少駆け足になってしまいましたが、書けることは書ききったように思えます。これを肝に据え、充実したツイキャスライフを楽しんでください!