ネット内の交友関係について

2017年07月3日

最近、ネットでの交友関係に変化が起きたので、それについての自分なりのマトメです。

 

現在は多様化の時代と言われています。インターネットが普及したことで、個人での活動範囲が飛躍的に伸び、どんな環境においてもネットを通じた個人の可能性の拡張性が増しました。コレに伴い、「単なるメール交換相手」程度であったネット内の交友関係も密なものとなり、今でもリアルな関係と変わらないほどの関係を結んだ人も少なくないと考えられます。さて、そんな流動性のあるネット社会であります、どんな手段で人と付き合っていく以上、多少のトラブルは免れません。コレは関係を深めていく上での当然の成り行きと言えるでしょう。

 

しかし、物事には「度」というものが存在します。いくらネットの関係とは言え、最低限のルールに沿って行動することが一種の情報社会とかしたネットワーク内でも必要となってくるでしょう。そんな時、もし度を超えたトラブルに見舞われたら…?最近僕はその答えにたどり着きました。それはさっさと縁を切ることです。そして、自分の成長にとってより良い結果を与えてくれるあろう人たちを選んで付き合っていくべきだと思います。縁を切ってしまう、と言うのは少し残酷なようにも聞こえるでしょう。ですが、お互いのことを考慮すればそうした方がいい時も少なからず存在しますし、いつまでも個人レベルでの問題で停滞していくわけにもいかないでしょう…。気をつけなければいけないのはこれを日常生活の範囲でも意識してしまうこと。常に顔を合わせる人物と、合わせない人物では縁の切り方がまるで変わってきます。下手をすると大事にも発展しかねません。

 

多様化の時代の中、こういった個人レベルでの分別が生活の中で必要になってくるのではないかと感じました。しかし、これは一意見でしかないのでネット内の関係にも様々な形態が存在します。いざ重要になってくるのは個人の判断です。こういった考え方を参考の一つとして、ネットライフを楽しんでいってもらえれば幸いに思えます。