フィギュアーツ ウルトラセブン レビュー(ブログ版)


私は地球人

すでに動画版でも挙げましたが、より細かな解説ということで記事を書くことにしました。ということで、待望のフィギュアーツ「ウルトラセブン」です。まずは正面

立たせてるだけでもかなり様になります。胸を張り過ぎず、微妙に首が下がってる状態は、まさに放送当時のウルトラセブンのポーズを再現してるといえます。また、マン同様、塗装にもかなり拘っており、劇中に近い薄みかかった赤色を上手く表現してると思います。

背中。色や造形に関しては言わずもがな。ここで特に注目したいのは背中に仕込まれた電池部分の再現です。当時の写真を見てもわかるよう、セブンの背中には目の発光を表現するための電池が仕込まれてます。今商品は、その微妙な四角形の膨らみを再現されています。従来のフィギュアでは省かれていたりしたので、この仕様は素直に嬉しいです。

では次に、可動。

う~ん、あんまり動かないかな?引き出し式の腕に造形に配慮した可動箇所など、こだわりは伝わるのですが、やはりプロテクターが肩に干渉してしまいます。また、ウルトラマンと比較しても足の可動が全体的に狭く、大胆なポーズを決めづらくなっています。まあ、コレに関してはセブンがもともと大胆な戦いを好むヒーローではないので、問題ないともいえますが、やはりフィギュアとしての残念さが残りますね。

アクト版セブンと比較。この体格差!大人と子供ですね。使用されている赤色も全然違います。アーツ版セブンが如何に決定版として完成されているかよくわかりますね。…と言いたいところですが、幾つかアクト版が勝ってる点があります。それは、可動と目の塗装、およびアイスラッガーの接合です。

まず可動ですが、コレに関してはアクトはもともと可動を重視した設計となっているので仕方のない部分があります。次に目の塗装。アーツ版セブン、見本では目の部分が劇中同様発光を再現したものになってるのですが、商品版では暗めの塗装になっており、さながらエースキラー編での元気のないセブンです。そして最後にアイスラッガー。旧アクト版でもポロリがを問題となり、比較のために用意したリニューアルアクト版では改善されていた点なだけに、また外れやすくなってしまったのは残念です。このように、長所短所がかなりハッキリした物となってしまいました。

さて、いよいよ付属品です

まずは武器系エフェクト。予備のアイスラッガーに始まり、エメリウム光線やワイドショットなど、いつもの面子(?)です

次に手首。今回も多種多様な手首がつきます。

各種アクション


単一の置物として考えると非常にクオリティの高いものに変化しますが、動かすととたんにボロが出ますね。この各種付属品でもそれがいえます。とくに問題なのがエメリウム光線のエフェクト。これ、ハッキリいって物凄く付けづらいです。また、再現度も中途半端で、あんまり必要性を感じないアイテムに思えました。

【まとめ】

期待に期待を重ねたウルトラセブンでしたが、色々と課題の残るものに終わってしまいました。問題点は上にあげた通りです。しかし、「ウルトラセブン」というキャラクターを表現したアイテムとしてデキは確かなもので、動かさねい事を前提とするなら、かなり満足の行く商品になってると思います。まあ、可動フィギュアなのにそれでは本末転倒な部分もありますが、コレクションとしての価値も非常にありますし、そういった飾り方をするもの十分OKだと思います。ので、セブンファンの皆様にはぜひ手にとって、その出来栄えを楽しんでもらいたい商品といえますね。