メンタルが弱いネット民について

2017年07月4日

        豆腐

ネット上には多くの人種がいます。一つの作品を愛してやまない人、極端なまでに暴論に走る人、ガ〇ジと形容される異常な発言を繰り返す人…。それぞれがそれぞれにアイデンティティを形成しており、日々自分の意見を発信しています。そんな人たちの中には少なからず「豆腐」と形容されるほどもろいメンタルを持つ人がいます。今回はそんな人たちの奇行についてです。

さて、事が起こったのは数日前。とあるツイートに対して異常な反応を示す人たちがいました。なんでも、作ったタグをディスられたというのです。で、問題のツイートをたどってみた僕でしたが…、そんなことはありませんでした。むしろ、そのタグを使って似非知識を広めている問題児の発言を咎めていたのであり、作った人たちに対する中傷は一切書かれていませんでした。ではなぜことは大きくなったのか?簡単です。過剰反応です。

ネット上で問題を起こすのは良くも悪くも構ってちゃんです(某瞬殺Youtuberなど)。で、問題の人たちのタグをチェックしてみたらこれが見事ににわか集団でありました。別にこれが悪いというわけではないのですが、書かれた情報に対してソースも調べずに妄信するような一団であったことが問題であったのです。いやさぁ…歴史のあるコンテンツのファンを名乗るんだったらそんくらい調べようよ…。この現象はユーチューバーは神格化する動きと似てますね。人間、わりと自分から動くのが苦手な部分が少なからずありますし、今回の場合は手ごろな(自称)古参ファンを支持することで、自らの立場を正当化したかったのでしょう。

普通そんなところを支持していればちょっとやそっとのもめ事があると分かるはずなんですがね…。よっぽど平和な界隈で過ごしてきたんでしょうね。もっとも、自分から何かを調べようともしない時点でたかが知れてますがね。