周囲に遠慮して「面白い」というコメントをしてしまったとき


                                       遠慮

する必要もない遠慮を雰囲気にしたがってしてしまうことってありますよね。自分にも、周りの空気を気にするあまり「面白い」と感じることのできなかった作品を「面白い」といってしまったことはあります。別にこれで深い後悔や罪悪感に苛まれるということはなかったのですが、「本当の感想を言うべきなのでは?」としばらく頭を捻りました。結果としてそれは胸の中に仕舞うこととなったのですが、リアルならばいざ知らず、ネット内においてこの手の「遠慮」スキルを発動してしまうことは少々問題に思えました(自分の行いを棚に上げつつ)。

このサイトや、他の有名処といわれる様々なブログでも度々話題とされてる通り、インターネットにおいて、基本個人の意見はフリーと捉えるべきだと思います。もちろんそこには最低限のマナーや修正も存在するので、明らかに間違ってると思われる問題にはキチンとした反応を返す必要がありますし、そういった誠実さを示すことが信用を獲得する上での重要なポイントになることは変わりないでしょう。しかしその部分を除けば、コメントは自由だと思えます。それを周囲に遠慮するのがもったいない…。

いっそ好きか嫌いかというかということをハッキリと口に出すことのほうが付き合いという観点からしても良い機会となりえる可能性があります。今ハマってる(つもりで)いるものに懐疑的であったり、本当の感想を抱いてる場合は話してみるのもよいでしょう。意外な回答が変えてくるかもしれませんし、新しい発見がある可能性もあります。せっかく多様な意見が散見するネットの海の中で、ひとつの意見にこだわり続けるのは勿体無いです。ぜひとも故事の感想を通して新しい道を切り開いてみてください