虚無戦史を発見しました!

2017年02月23日

先日、たまたま地元の本屋に立ち寄ったときのこと。

なんと…非常にレアな石川賢作品が大量に置かれていました。それが記事のアイコンにもなっている「虚無戦史MIROKU」「聖魔伝」です。前者は虚無戦記に組み込まれて作品群の一つであり、後者は原作付きの作品です。通常、この手の漫画は中古で巻数が少なくても数千円の値段で販売されてるものなのですが、そこでは非常に良心的な値段で売られてたこともあり、購入を即決しました。いや~運が良い(笑)。石川賢ファン歴六年の(短いね(-_-;))僕ですが、この作品はなかなか置いてません。とくに、「虚無る」という言葉で有名な「虚無戦記」関係の作品はインターネットや大手中古店巡り以外の方法ではほぼ入手が不可能なレベルです。ナニワトモアレ、めでたく買うことがデキましたので、数日中にレビューを投稿しようと思っています。皆さん、よろしく!

 

 

 

…さて、話はまだ終わりません。これで調子を良くしたわたくしは、レア漫画との遭遇を夢見て、そのまま真正面にあるBOOK OFFに直行。ありました、またありましたよレアな漫画が!

桜多吾作(おうたごさく)のグレンダイザーと、攻殻機動隊がそこにはありました!もうね、ここまでくると天命によって導かれてるのではないかと錯覚してしまいますね(流石に度が過ぎる)。さて、せっかくなので作品についてちょっとお話を。まず、後者の攻殻機動隊ですが、恥ずかしながらわたくし、今まで読んだことがありませんでした。ので、諸々の設定以外についてはほんとに初見です。これから、ファンに皆様と話が盛り上がれるよう知識をつけていこうと思います。そして桜多吾作版グレンダイザーですが、おそらく、この日僕が買ったどの作品より入手難易度という意味では手に入りにくい作品だと思います。Z~グレンダイザー放送当時は、複数の出版物でマンガ連載が行われることが当たり前であり、このグレンダイザーもそんな数多くのコミカライズ作品の一つでした。しかし、単なるコミカライズの域を脱し、ある種伝説の作品として扱われるのには理由がありました…。気になりますね?そんな深い理由ですが、これに関してはレビュー記事にて書くつもりです。実はまだ読んでなかったりします(笑)。楽しみにしていてください!それでは、また次回の記事で!