AViutlの使い方がよくわかってなかった…

2017年03月2日

動画の編集でよく使わえるフリーソフトに「AViutl」という物があります。今回はそれに関する、自分の反省を書いていきます(´;ω;`)

 

ご存知の通り、僕はゲーム実況動画を投稿しています。当然、こういった動画の作成には、ゲームそのものを録画する録画用ソフト、音声を収録するソフト、そしてそれら組合わせてカット等のエフェクト処理を行い、一本の動画に仕上げるために編集ソフトが必要となってきます。デビュー最初の(と言うより現在進行で)初心者向きのソフト、「WindowsMovie Maker」を使用してきました。こちらのソフトは、名前にある通り、Windows系のパソコンであれば最初から搭載されているモノで、取っ付き易いことに定評があるのですが、その分他のソフトに比べて編集の限界値も低くなっています。そこで、更なる飛躍と人気獲得を目指した僕は、フリーソフトでありながら、高価な市販品と同レベルの編集が可能なソフト、AViutlを導入することを決意しました。導入には一定事情のPCの知識が必要と言われ、その敷居の高さの所以を身をもって知ることとなりましたが、なんとか作動まで持ってくることには成功。必要な拡張ソフト諸々の更新を終えた僕でありましたが、ここに来てを、大きなつまずく事となりました…。なんと、出力にエラーが発生する!!出力とは、膨大な容量の動画をエンコード(圧縮)して、保存することなのですが、このAViutlには主に2つの方法が存在します。一つがAVI出力、そしてもう一つがプラグイン出力です。前者は編集機材となる動画の作成に用いられる方法で、後者はその作業を完了し、投稿するための高品質な動画を作成するための方法です。当然こちらを選んでエンコードをかけたのですが、設定のミスなのか、音声フォルダの位置指定に失敗し、音の入ってない動画が仕上がってしましました…。その後、関連サイトを見て回り、原因を探っていたのですが、残念ながら僕の乏しいPCの知識では、上手く対処の方法が見つからず、その日は断念してしまいました。また日を空けて、作業を再開する予定ですが、最後の策として市販品の購入も検討しています。しかし、何事も下準備が全てということを改めて思い知ったエピソードでありました。もし、PCにが詳しくないけど、これからAViutlを導入して実況動画を挙げていくんだ!とお考えの方がいましたら、ぜひその前に下準備をすることをオススメします。

 

なにはともあれ、良い反省事項になりました。愚痴っぽい記事に付き合っていただき、ありがとうございましたm(_ _)m。次回の記事もよろしくお願いします。