CGは作品の質にかかわってくるか?


CG。それは、映像作品に大きな可能性を与えました。従来の技術では表現不能だったことを難なく映し出し、先進的な感動を引き出すに成功したといえます。現在では映画に始まる映像媒体のもっとも重要な技術として各方面で大活躍していますね。そんなCG技術は当然のように日本の特撮作品にも応用され、今では現場を支える大事な戦力として重宝されています。しかし、残念なことにその技術に否定的な意見はまだまだ存在します。そこで今回は、代表的な特撮作品を例に挙げ CG使用の有無について書いていこうと思います。

 

・ウルトラマンの場合

数ある特撮作品がCGを導入したのはほぼ同時であります。しかし、そこには熟練の差というものが散見され、ウルトラはその中もでも多少後発だったという印象があります。もともとは、国産特撮ヒーローの第一人者として時代を駆け抜けたこの巨人たちは、合成技術という観点からしても他の作品の追随を許さない魅力を持っていました。しかし、その技術がある意味では仇になってしまったのではないかと、今では考えております。さて、前提が長くなってしまいましたが、話の矛先を近年の作品に向けてみましょう。CGの導入による映像の進化と応用は目覚ましいです。ことウルトラに関しては人間の動きをフルに生かした特撮パートと、CG映像の融合が理想的な比率で保たれていると考えております。特に、09年公開の「銀河伝説」から続く映像美の数々は、ウルトラヒーロー独自に世界観を拡張するに至り、可能性を感じるものでありました。特に、現代回での最新作である「ウルトラマンオーブ」では熟練された技術から応用が最高レベルまで高まっていたといえるでしょう。

 

・仮面ライダーの場合

古くは大野剣友会の凄まじい殺陣に始まり、平成以降はJACの華麗なるアクションが魅力を掻き立てるライダーシリーズ。最近ではCG利用の作品としてもよく名前が挙がりますね。…正直な話、今シリーズでのCG利用はあまり誉められたものでありません。繰り返すように、この技術の導入によって今まで不可能だったことが可能になりました。しかし、特撮の主役はあくまでも人間。CGはその動きを補助する、よりカッコよくするための物ではないかと考えています。近年のライダーの動向を見ますと、きれいになった反面、人間の肉体的な動きが厳かになったように思えます。特に、ネタ方面に振った映像が増えてしまったことがこれを助長させているといえるでしょう…。同時に、デザイン面の考えの変化から、CGの導入が「カッコよく見せるため」というより、「その粗を隠すため」という方向に変わってしまった現状も一種の空しさを覚えます。残念でありますね…。

 

・スーパー戦隊の場合

上記二つのシリーズと異なり、一度も途切れることがなかった戦隊作品。それだけに、技術の応用には長けており、少し違って一面を見せてくれる…と言いたかったのですが、申し訳ありません。わたくし、近年の作品はまったくもって未視聴なので現行作品については何とも言えません。ので、90年代作品を基準に考えを述べていこうと思います。この時代、導入されてそれなりの年数は立っていたこともあり、ロボの合体をCGで描く、迫力のある映像を追及するために用いるなど、まさに理想的な使われ方がなされていたと記憶しています。これによって、マンネリに陥りやすかった戦闘をより華やかに、そして緊張感のあるものに変化させ、ロボそのものの魅力も増してきたといえるでしょう。この年代の映像は、確かに古く感じられるものの、一見の価値があります。

 

・牙狼の場合

おそらく、現段階でもっともCGの応用に長けているシリーズではないでしょか。もとは深夜枠の特撮として始まった本作は、その映像にCG職人として有名な「しろくみ」が制作に関わるなど、初期から力の入れようが強かったといえます。そうして作られた映像はまさに先端をゆくもので、特撮とCGの理想的な融合を果たしたといます。この映像美が高じて、作品はシリーズ化。近年ではスピンオフ製作にアニメ化、小説化など、その活躍の幅を伸ばしまくっています。戦隊でもライダーでも味わえない迫力を楽しみたいという方にはとてもお勧めできる作品といえるでしょう。

 

【まとめ】

全四シリーズを具体例としてCG導入の有無について考えてきましたが、結局のところこれは表現技法のひとつでしかないんですね。つまり、重要なのは使い手によるということです。極端な利用しか考えられない方が使えば単調かつ特撮の魅力を殺してしまう映像が生まれてしまいます。しかし、使いどころを見極めればそれは無限の可能性を秘めた技術となり、見たことのなかった映像を作ることを可能とします。ので、やったらダメ、無かったダメというわけではないんですね。そこを考慮したうえで、今後もひょか続けていきたいですね。