MS-06S シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E. レビュー

2016年08月7日

「勝利の栄光を君に!」(byシャア・アズナブル)

FC2から引越し後、長らく編集できなかった「MS-06S シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.」。お待たせしました、当ブログ版での編集が完了しましたので、紹介していこうと思います。

・付属品

DSC_0218

写真にあるように、

・付け替えハンドパーツ左右×4
・ザクマシンガン×1
・ザクバズーカ×1
・ザクマシンガンエフェクト×1
・バズーカエフェクト×1
・スラスターエフェクト×2
・ヒートホーク×1
とザクの装備としては標準的ですが、エフェクトパーツのおかげで遊ぶプレイバリューに富んでいます。

・造形 塗装

DSC_0200
従来のシャア専用ザク立体物と異なり、赤色ではなくアニメ版に近いピンクを上手く再現しています。ココらへん、今までのキットに満足できなかった人にとってはかなり選ぶためのポイントになると思います。
また、造形に関しても塗装と同じくアニメ版を踏襲しているため全体的に丸みを帯びており、70年代のアニメ作画を思わせる柔らかな印象を受けます。

〈比較〉
下画像の左側が本商品で、右は「ジ・オリジン版 シャア専用ザク」のプラモデルです。どちらも立体物として非常に完成度の高い物に仕上がってますが、時代によるデザインの移り変わりが伺えるものとなっています。中でも目を引くのが塗装ですね。オリジン版はあの真紅の稲妻に怒られそうなくらいワインレッドが強いものとなっています。

DSC_0209


・可動域

可動域についてはいくつかの写真を参考にして見ていきます。

DSC_0184

DSC_0212

DSC_0187
このように造形ではカバーしきれなかった原作チックな点を可動域の改良(とくに首周り)することで高めてます。また、可動のためのグレーの関節部分も露出を最小限にとどめており、イメージを損なわないような配慮がなされてます。それでいて十分な保持力と可動域を確保しているのは流石の一言です。

〈総評〉
全体的に高品質な商品なので、買う価値は十分あります。しかし個体差なのか、私が買ったものは右足の付け根部分のパーツがプラプラで、立たせるのが困難でした。加えて、バズーカエフェクトの重量が重く、魂ステージなどの台座を利用しても自立させるのが困難となっています。後に販売された「ドム」と互換性のあるものだったので、そちらにも合わせての重量にしたのでは考えられますが、そこは配慮が不足してますね。フィギュアはパッケージから確認できる以外の個体差や問題点が発生してしまう場合もあるので、こういった点は改善してもらいたいですね。